FC2ブログ
junとその愛犬『ミュウ&小春』のありふれた日常
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セピア色の思ひ出
2011年02月20日 (日) | 編集 |

PAP_0201-1.jpg

本日、伯母の四十九日と納骨が無事に終わりました。。

子供のいなかった伯母は、すでに義伯父も他界しており
晩年は認知症の症状なども出てきてしまった為、
私もここ数年は、かなり密度高く伯母と関わって参りました。
なので別世帯とは言えど、今日で忌明けとなり、ちょっと一段落=3

今は、、伯母の病気が進行して大変だった少し前の日々よりも
一緒に旅行や博物館・美術館めぐりをしていた頃の楽しい思い出の方が
不思議と鮮明に蘇って来ます。

今日はそんな伯母と犬に関わるエピソードを綴らせて下さいませ!
(本日は長文、私のひとり言&ちょっと重い内容かも・・・)


生前、元気だった時の伯母はとても聡明で頭のキレる人でした。
長女だったという事もあり、周りに気を配りながら、いつも物事を
冷静に判断する人で、正直マイペースで我が道を行く
うちの母とは大違いな性格でした(笑)

植物と動物をこよなく愛していた伯母は、私と同じくらいの年齢の頃に
三匹の犬達と暮らしていました。

先住犬のワンコ「ロリちゃん」は、私が生まれた年に亡くなっているそうで
私の記憶にはありませんが、二番目の「リキちゃん」はワンワン吠えて
当時の私にはとても大きなワンコで怖かった存在。末っ子の「シロちゃん」は
おとなしくて、めったに吠える事のない穏やかな性格。私が中学になる頃まで
生きていたのでよく一緒に散歩もしたし、一番思い出に残っているワンコです。

その間に、拾ってきてわずか10日で亡くなってしまったキャシーちゃん
という子犬がいました。(実は、私が名前をつけました)
このコを拾って来た時、私は小学4年生ぐらいで、夏休みだったので毎日
伯母の家に遊びに行ってた記憶があります。多分、今で言うフィラリアが
寄生しており、助からない状態だったのではないかと思います
そのコを拾ってきた公園に儀伯父と伯母が、夜にそっと埋めに行ったそうです。
(きっと、今ならイケナイ行為なのでしょうが、ノラで生まれたであろうその場所に
帰してあげた気持ちは、今の私にはよくわかります。)

そういえば伯母はその後もずっと、その公園のその場所を通ると、いつもそこに
一輪の花を置いたり、クッキーやアメ玉をそっと置いて通り過ぎていました。

私にとっては子供の頃のほんの一瞬の出来事で、その後そんな出来事は
すっかり忘れてしまっていたのですが、伯母が亡くなった後、遺影の写真選びの為に
アルバムを整理していたら、飼っていた犬・ネコのアルバムが出てきて
なぜかその時の出来事を、鮮明に思い出してしまいました。
多分雑種だったんでしょうが、小さくてちょっとパピヨンに似ているその姿は
ミュウ・コハを彷彿させて、もしかしたらどちらかはあのコの生まれ変わり!?
などと、最近考えてしまっております

三匹の犬が亡くなった後は、「ミーちゃん」というネコを飼ってました。
このコが最後のペットだったのカナ?
その後は、先の事を考えて動物を飼う事はなかったけれど、
ノラネコに餌をあげに行ったりと何かしら動物と関わっていた伯母でした。

とりとめもなく、飼っていたペット達の話を綴ってしまいましたが。。
伯母が残したノートに綴られてあった、仏壇の横の小さな箱の中には
手編みの赤い巾着袋が入っており、そこにはなくなったペットの
爪や歯・ひげ、墓所の土などが少しずつきれいにとってあり
「わたしが骨になったら、これを一緒に入れてください」と、記されていました。
それ以外にワンコ達の首輪や鑑札、そしてお守りがその箱には入っていました。
葬儀前でこれからいろんな事をこなして行かなくてはと、張り詰めていた気持ちが
それを見た時には、泣けてきた・・・
だって、最初のワンコの爪や歯は、四十数年前のものでそれをその日の為に
大切にしまってあった伯母の想いは、今の私。。いや、ペットを飼っている
皆さんだったら、きっとわかって頂けるはずだと思います。

そんな伯母の気持ちに思い立ち、納棺の前日、アルバムからワンコ達の写真を
一枚ずつはがし作成したのが上の色紙です。。
棺の中に一緒に入れてあげました。

そして今日、伯母の希望通り骨壷の中に、その赤い巾着袋と首輪を
一緒に入れて墓石を閉じました。
この話は事前にお寺に話をさせて頂き、ご住職に了承を得ました。
お寺によって異なる事だと思いますが、ペットが家族である今、
これからはもっともっと開かれて行く事だと思います。

伯母の想いをかなえる事が出来てヨカッタ・・・
きっと今頃、虹の橋で再会しているはずです♪
みんな、おばちゃんに抱っこされて思い切り甘えてね

思えば、そんな伯母の影響を、少なからず私も継承しているんだろうナ~
伯母がいなくなってしまった今、そんな事がよくわかるようになりました

お付き合いありがとうございました☆
今日は私の長~い、独り言なのでコメ欄はクローズさせて頂きます。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。